シャッター族

 
 

" シャッター族 "

 

2000年。ノストラダムスの大予言によって「1999年人類滅亡」を信じた人々は、ついに2000年を迎え、2000年問題で発生したバグによって無気力で夢をなくした若者が増加しました。"00年"を2000年ではなく1900年と認識してしまった彼らは、時間の感覚が麻痺し、派手な柄と2000年当時流行していたスケルトンカラーのアイテムを組み合わせ、風変わりな格好をすることによって現実逃避をする日々を送っていました。ひと気のなくなった街を朝まで練り歩く様子から、シャッター族と呼ばれました。

 

捩り織 / 編 / ミシン刺繍 / レーザー加工 / 絞り染め / 箔プリント / オリジナルテクニック

photo : Shohei Noguchi
model : Haruka Okamoto / Junya Kura / Kurumi Watanabe

2016 / 06

 

design